Category Archives: ブログ

中3受験講座

本日から毎年恒例の
中3受験生の受験講座が始まりました。

英語2時間、数学2時間を3日間で1コース。
基本、発展、完成の3コースの計36時間の学習時間を確保します。

 

 

 

 

 

 

 

 

基本コースで英語の短文を読んで訳す演習。数学の大門1,2対策。
発展コースで英語の長文対策。数学の関数対策。
完成コースで入試で正答率50%以上の問題を確実に解けるようにする演習。
に分かれます。

 

1ページごとに問題を解き、

講師がチェックをする公文スタイルでの演習となります。

 

この講座をしっかり受講すれば英語と数学の偏差値UPが期待できます。

公立高校合格講座

ウイングネット(映像授業)の入っている個太郎塾全教室では、

公立高校合格講座と題しまして、ウイングネットにて5教科対策を10月から行っております。

 

谷津教室は9月からすでに中3生は個別指導と映像をほぼ全員受講されていますので、この講座のお申し込みは不要です。

 

私立志望でしたら内申を上げるために定期テスト対策をしていくのですが、公立志望でしたら、今定期テスト対策をして内進を上げたところで受験で加点されるのが1~5点くらいでしょうか?

 

であれば、早めに5教科対策をして、入試当日に点数をとれるようにしていく。

というのが谷津教室の考えです。

 

もちろんテスト範囲の内容も受験で必要な知識ですので、個別での指導科目は、受験対策をしつつテスト範囲も確認していきます。

 

前期選抜まで、あと133日。

まだまだ成績は上がります。

頑張っていきましょう。

重要なお知らせ

10月度の授業より、月曜日も授業を行うことになりました。
ただし、教室長不在となりますので、授業をする講師と、電話番の講師での対応となります。
お振替の受付はできますが、日時につきましては火曜日以降に私の方からご連絡させていただきます。

 

今まで単発でのみ無料でご提供させていただいた映像授業ですが、個別+映像のセットプランができたことに伴い。
10月末で無料でのご提供を終了させていただきます。

 

個別指導を週2回以上通塾されているお子様は、月4,212円追加していただければ5教科セットになりますので、今後はこちらでご検討をお願いいたします。

 

5教科セットにつきましては、月単位でのお申し込みも可能です。

 

ご不明な点等ございましたら

047-409-8139

までご連絡をお願いいたします。

10月より、月曜日も授業を行います。

個太郎塾谷津教室では毎週日曜日、月曜日を休校とさせていただいておりましたが、

10月より、月曜日も授業も行うことになりました。

 

ただし、授業のみとなりますので、受付、お問い合わせは今までどおり火~土14:00~21:00となりますので、ご理解とご協力をよろしくお願いします。

Vもぎ、Sもぎ情報

9月17日(日)・18日(月)のS模擬ですが、

台風18号が接近しておりますが、

予定通り行うそうです。

今後の進路によっては変わるかもしれませんので、

総進図書のHPでご確認をお願いいたします。

9月24日(日)実施のユニバーサルビューティーカレッジは定員となりましたので締め切りになりました。

 

10月15日(日)のV模擬ですが、

昭和学院秀英高校が定員となりましたので、締め切りになりました。

 

会場によっては早期に定員になってしまいますので、早めのお申し込みをお願いいたします。

平成30年度 千葉英和高校 入試概要

本日は千葉英和高校の説明会に行ってまいりました。

 

募集定員:360名

内訳:総進文理160名

特進文理160名

特進選抜40名

 

入学試験日:単願:平成30年1月17日(水)

併願:平成30年1月17日(水)または18日(木)

 

出願はインターネット出願手続きが平成29年12月20日(水)~平成30年1月10日(水)までとなり、平成30年1月11日(木)までに書類を提出となります。

 

推薦基準

単願

総進文理:5科16以上

特進文理:5科18以上

特進選抜:5科20以上

英語:英国8以上(英語は4以上)

 

併願

総進文理:5科17以上

特進文理:5科19以上

特進選抜:5科21以上

 

上記基準に満たなくても、フリー受験(一般受験)もできます。

 

試験科目

普通科

文理型:英・国・数

文系型:英・国・社

理系型:英・数・理

英語科

英・国・英語のリスニング

 

 

総進文理は、昨年と比べて単願・併願ともに-1となっていますので、受験生が増えるのではないでしょうか。

 

来年度から全生徒にノートパソコン(chrome book)を配布し、電子黒板と連携して授業を行っていくそうです。

 

今後の説明会日程。

10/21(土)学校説明会 9:00~12:00

10/28(土)学校説明会 9:00~12:00

11/11(土)入試説明会 9:00~11:00、13:30~15:30

11/18(土)入試説明会 9:00~11:00、13:30~15:30

 

非常に歴史のある、また人気のある学校です。

 

ネットでは「英和の弁当はおいしくない。」書かれていたそうですが、

今年の4月から保温箱に入った暖かいお弁当に変更。

大盛もできたり、メニューも選択できるようになったそうで、在校生には好評だそうです。

 

勝田台駅からは遠いので、スクールバス、または自転車での通学になりそうです。

中3生 5教科対策

中学3年生は9月より原則5科目受講となります。

 

個別2科目(3科目)+映像3科目(2科目)が基本となります。

 

詳しい内容につきましては、

 

5科目対策講座

 

をご覧ください。

 

これにより、

・学習時間の確保。

・学習場所の確保。

・学習内容のカリキュラム化

を図ることができます。

 

去年の生徒の話ですが、

9月のVもぎまでは順調に伸びていったんですが、

10月が下がり、11月がさらに下がってしまった生徒さんらいらっしゃいました。

 

12月の三者面談の時に普段の学習時間を聞いてみると、

「1時間くらい」とのこと。

 

私も保護者の方も、

「えっ!1時間?」

とびっくりしてしまいました。

 

それでは上がらないという話をして、ようやく勉強するようになって何とか志望の学校に入ることはできましたが、ギリギリでの合格のため、今苦労しています。

 

夏休みに一生懸命勉強しすぎて、軽い燃え尽き症候群になってしまったのでしょうか?

「夏休みにたくさん勉強したから9月からは時間を減らしても大丈夫。」

なんてことにならないように、しっかり勉強していきましょう。

脳の生産性をUPする学習環境

もっともっと勉強に集中できる!

そんな学習環境のご提案をさせていただきます。

 

1)照明を調節できるようにする。

頭をすっきりさせ、勉強するときは明るく。逆に休憩の時は電球色などオレンジ系の色で。

ただし、強すぎる光はストレスを生むらしいので、ほどほどに。

 

2)勉強スペースを確保

机の上、散らかっていませんか?

片付ける時間も無駄ですし、落ち着きませんよね。

すぐにテキスト、ノートを開いて勉強できるように整頓しておきましょう。

 

3)参照できるものは手元に置く。

辞書や辞典。資料集などはすぐに手が届く範囲に置く。

自分の勉強机で勉強していれば問題はないと思いますが、リビングで学習するときはいちいち取りに行っていては時間の無駄ですし、集中も途切れてしまうので手元に置けるように。キッチンワゴンなどがおすすめです。

 

4)タイマーを置く。

集中のためには適度の休憩が必要です。また、常に時間を図り、「この問題は〇分で解く」と決めることで集中力も増します。

 

5)自分の持ち物に住所を与える。

すべての物をいつも同じところに置く場所を作りましょう。そうすれば、物がなくなったり、探したりする無駄な時間が減り、いつでもすっきりした学習環境が出来上がります。

 

6)スマートフォンの電源を切る。

勉強するときは電源を切っておきましょう。

できれば昼食後、夕食後などに限定して電源を入れましょう。

休み時間ごとに電源を入れてしまうと、LINEやゲームなどをして気が付いたら全然勉強していなかった・・・なんてことも。youtubeなんて見始めたら止まらないですよ。

 

以上6項目ですが、すべてを一度にやる必要はありません。

(出来るならやったほうがいいのですが。)

 

何かを変えるには、まずは自分を変える必要があります。

その為にも一つでもいいので実践してみましょう。

若松中学校・宮本中学校、前期期末テスト対策

夏休みも残り2週間弱、もう学校の宿題は終わっていますか?

 

二期生の船橋市は、9月に前期期末テストがございます。

谷津教室に通っている、若松・宮本中学校は9月21日と22日の2日間です。

 

夏期講習後半から9月度の通常授業で前期中間テスト以降の範囲を復習し、テスト対策を行ってまいります。

 

まだ通っていないお子様でテストが心配な方は早めのご相談をお願いいたします。

 

3学期制の習志野市も、うかうかしていられません。

10月5日6日は一中、三中の2学期中間。

10月12日13日は七中の2学期中間テストです。

 

夏休みの学習成果が楽しみですね。