All posts by kotaro

国語の長文を早く読むコツ

国語のテストで最後まで終わらなかった。

 

そんな経験のあるお子様が結構いらっしゃるのではないでしょうか?

 

なぜ時間内に終わらなかったのか?

ポイントは2つあります。

 

1つ目は、読むのが遅い。

2つ目は、解くのが遅い。

 

1つ目に読むのが遅い場合。

単純に読むのを早くすればよいのですが、

なかなか簡単にはいきません。

 

読むのが遅いお子様の傾向としては、「一文字ずつ読んでいる」傾向があります。

音読している状態だと思ってください。

音読ではスピードに限界があるので、いくら早く音読できるようになっても高校入試、大学入試では時間が無くなるのは当たり前ですね。

 

ではどうすれば早くなるか?

読むというよりも「見る」ようになれればスピードは2倍3倍…10倍にも上がります。

 

以前谷津教室で行った速読セミナーでは、60分の練習で1分間で500文字前後だった方が1200文字や1100文字から2400文字とたった60分で2倍になりました。

 

コツは、一文字ずつ見るのではなく、単語や文節ごとに見ること。

その為には語彙力が必要になってきます。

 

私が毎年勉強会に参加させていただいている横浜のふくしま国語塾の福島先生は、

「英単語を覚えるように日本語を覚えてください。」

とおっしゃっていました。

 

谷津教室で使っている国語のテキストはふくしま国語塾のテキストも使っています。

 

ふくしま式「本当の語彙力」が身につく問題集

で、語彙力を養い。

2つ目の解くのは遅い場合の対策は、

「本当の国語力」が身につく問題集、

「国語の読解問題」がに強くなる問題集

で対策を行ってまいります。

 

国語の読解問題は、多くの場合「言い換えられたこと」を探し出す問題です。

ふくしま式で、「言い換え」「対比」「比べる」力を強化し、読解問題に強くしていきます。

冬期講習の空きが少なくなってきました。

毎年の事ですが、

冬期講習の残席が少なくなってしまいました。

 

特に今年は早めに席が埋まっています。

 

「冬期講習とらなくても大丈夫ですか?」と聞かれることもありますが、

通常授業がなくなる2週間。

何もしなかったらどうなるでしょうか?

 

エビングハウスの忘却曲線によれば、1週間で77%忘れてしまうことが証明されています。

2週間、それ以上の前のことなどはすっかり忘れてしまいますよね。

 

なので、復習する機会が必要なんです。

 

 

講習前、数学22点で入会した生徒さんが、講習後60点台に上がったのも、

この復習を行ったからにほかなりません。

 

この冬、2学期までの復習をして

学年末テストで良い点を取ったお子様の顔を思い浮かべてみてください。

 

 

すごく嬉しそうではありませんか?

 

逆に、今まで通りの学習生活で、今まで通りの点数を取ってきたらいかがでしょうか?

思い出してみてください。

 

 

お子様の悲しそうな顔。

それに対してのご家族は対応はいかがでしょうか?

 

やっておいてよかった。

やっておけばよかった。

2文字違いですが、その差は明らかに大きいですよね。

 

12月29日、30日

1月4日、5日、6日

はまだ余裕がありますので、お早めにご相談ください。

 

体験授業も随時受付中です。

なぜ7割の生徒が転塾してきたのかお分かりになるのではないでしょうか。

 

他の個別から転塾してきた生徒さんは、

「初めて○○してみてって言われた。」

を転塾のきっかけにしてくれました。

 

「○○」

気になる方はぜひ体験してみてください。

千葉県公立高校平成30年度入試 入試動向

本日は、Sもぎの総進図書様主催の入試動向説明会に参加してきました。

 

平成33年度入試選抜から1本化になる話や、

30年度入試前期選抜の2日目の配点、

そして、各高等学校の年度ごとの入試倍率の資料をいただいてきました。

 

今年度の志願者動向については、非公開となっているため

生徒保護者の皆様にお配りするわけにはまいりませんので、

詳しくはご相談ください。

中3生、面接練習会

本日は中3生の面接練習会を行いました。

 

面接官は私では緊張しないだろうと思いまして、本部から来てもらいました。

 

思惑通り、かなり緊張した様子で面接をすることができたようです。

実際の面接も、初めて見る大人で何を質問するのかわかりませんので、よい練習になったようです。

 

本日は5名実施したのですが、それぞれちゃんと考えているんだなぁと感心しました。

 

谷津教室初の試みでしたが、毎年行おうと思います。